音叉瞑想でマイナス5才【究極のアンチエイジング】

「このところ、なんだか身体が思うように動かない」
「集中力が続かない」

「気分がふさぐ」
それは頑張り過ぎのSOSサイン!

その不調は、「脳疲労」が原因かもしれません。

 

脳疲労とは?

脳内疲労は、過剰なストレスがかかることで、脳の処理がキャパオーバーしてしまった状態。

これが心や身体に不調を引き起こします。

 

不安になりやすかったり、疲れやすいのも、脳疲労によってホルモンのバランスが崩れてしまうのが原因ではないかと考えられています。。

これは、うつ病の初期症状のような状態を引き起こすのです。

こんな人は頑張り過ぎて、脳内疲労をしているかもしれません。

音叉瞑想

この脳疲労におすすめなのが【音叉瞑想】です。

瞑想をすることで、自分の【雑念をリセット】していきます。

 

音叉の音を聴く事で、脳を【α波へ】と導き、リラックスさせてくれる効果があります。
音叉は瞑想と組み合わせをすることで【ダブルでの相乗効果】が期待できるのです。

 

脳内疲労をしたまま、仕事や家事をしているとイライラマックスになります。
眉間にシワをよせて、周りに当たってしまうことだってありえます。

そうなると、職場での人間関係や家族とのコミニケーションも上手くいかなくなり・・・。
見えているのは最悪な結果ですよね。

 

そうならないために、疲れた時はゆっくり【脳を休めて】あげましょう。

 

上手に休んで若々しく

好きな場所に行ってゆっくり、音叉瞑想をしてみてください。

脳を休めてリラックスすることで、細胞も蘇り、心も体も元気を取り戻していけます。

 

いつまでも若くキレイな方こそ、自分の休めることをしっかりとされています。

脳・心・体を休めるだけで【マイナス5才】は若返りますよ!

 

潜在意識から引き出す あなただけの成幸レシピをつくる インナーソウル心理アカデミー メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事