未来に対する脅迫観念とは

今日は早く起きて、何かしようと思っていたのに、
ついついテレビに夢中になってダラダラして
いるうちに、あっという間に夕暮れに
なってしまい・・・

「えっ?もうこんな時間なの?

どうしよう、やらなきゃいけないこと
があったのに!」

と焦ったことはありませんか?

59541

こらが一日の中だけでなく
人生全体の中でも起きているのです。

キネシオロジーでは、
①幼年期に植え付けられた恐怖症(過去)
②思春期の性的なことにまつわる中毒症(現在)
③老いることに関する脅迫観念(未来)

というように定義づけています。

こうして、過去の恐怖を未来に投げ続け、
本当に望む未来が見えなくなってしまいます。

では、どうしたらここから抜け出す
ことができるのでしょうか?

「今、自分にとって本当に必要なことは
                                      何なのか?」

を自分に質問してみることです。

しかし、このことをいくら自分に質問してみても、
最初は思考停止に陥ることでしょう。

そこで
「今、私に何が必要かを

ハッキリさせることが必要だ!」

と宣言してみてください!

そうすると、後脳から前脳にスイッチが
切り替わり、過去の中毒状態から今、現在
に戻ってくることができます。

そして、何が必要かを検索させるために、
右脳側のスイッチが入ります。

さらに、右脳の後脳にスイッチが入り、
自他の区別のない、過去の叡智にアクセスします。

その結果、思い込みが外れ、
直感がどんどん冴えてきます。

そして、

五感を超えた超感覚のスイッチが入ってくるのです。

潜在意識から引き出す あなただけの成幸レシピをつくる インナーソウル心理アカデミー メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加