ストレス顔になる原因

ストレス顔になる原因

ストレス顔って聞くとどんなイメージを持ちますか?

何だか強張っていたり。何だか近寄りにくい印象を持ったりしますよね。

そして、疲れがとれない顔で出勤して、そのまま飲み会に誘われる事もあるとおもいます。

そんなストレス顔になっている人は、どんなに頑張って行動に移しても。

運もチャンスも出会いも、跳ね除けてしまっているんです。

もちろん、無意識に・・・。

 

 

 

ストレスは顔で受けてしまう?

ストレスは顔で受けてしまうとはどう言う意味だと思いますか?

実は・・・

ストレスを感じる時に視覚からストレスを感じる事が多いのです。

人間関係なででは、目の前でストレスと感じる人を

目でみた瞬間。そのストレスをそのまま顔に直撃するわけなんですね〜

 

そして・・・

 

脳も、顔に近い事からストレスを感じた時に顔の筋肉に反射的にストレスを影響しやすいん

です。

 

そのストレスを放っておくと・・・

 

・眉間のシワや顔の筋肉が硬くなって

・無表情になり冷たい印象になったり。

・怖い顔つきになったりしていきます。

 

ネガティブな印象を受けてしまうのがストレス顔の特徴なんですね。

 

 

 

顔の筋肉に記憶される

ストレスで強張った顔を解放する為には・・・

 

顔の筋肉を柔らかくした上で感情を解放したあげる事が大切です。

顔にも沢山の筋肉があります。

筋肉にも感情が記憶されてしまってるんですね。

なので・・・

ウソをつくと、顔の何処かの筋肉が反応したり。

作り笑いをすると・・・口元の筋肉がヒクヒクしたり。

 

自分の気持ちや感情で記憶された筋肉は自動的に動いてしまいます。

 

そして・・・

顔は、脳や身体にも影響もしてくるんですね〜

 

顔は頭と繋がっています。なので脳にもとても近い場所なんですね。

顔を触るだけで身体がリラックス出来た〜

顔を触るだけで気持ちよくて眠たくなった〜

なんて事は良くあります⭐︎

 

今日は、顔を柔らかく温かい手で、覆ってみてください。

そして、深い深呼吸をしていきながら〜

身体の力を抜いていきます。

 

心をリラックスさせていく事で顔の筋肉の感情を解放もしていき

幸せ美顔の近道になりますよ⭐︎

 

 

 

潜在意識から引き出す あなただけの成幸レシピをつくる インナーソウル心理アカデミー メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事